キャットフードの栄養素-ビタミン

ビタミンは、タンパク質や脂質、炭水化物などの栄養素が体の中で血や肉、エネルギーなどに変換されるのを補助する役割があります。
必要な量はわずかですが、健康を維持するためには欠かせない栄養素です。
ビタミンには、ビタミンA・D・E・Kなどのように脂に溶けやすい性質を持った脂溶性ビタミンとビタミンB・Cなどのように水に溶けやすい性質を持った水溶性ビタミンがあります。

脂溶性ビタミンは、過剰に摂取すると脂肪組織に蓄積され、副作用を発症することもあります。
犬や猫は多少過剰にビタミンAを摂取しても寛容性が高いといわれていますが、それでも過剰に摂取すると、関節以上や繁殖機能の低下などをもたらすこともありますので、注意が必要です。
健康な猫では、ビタミンCとビタミンKは体内で合成することができます。
水溶性ビタミンは、体内に蓄積することができませんので、毎日の食事から摂る必要があります。
蓄積ができないために、不足すると重篤な状態に陥る可能性があります。
ビタミンB1が不足すると、初期の段階では軽度の食欲不振や吐き気、進行すると瞳孔が開き、不自然な歩き方、痙攣などが起こります。
最悪は、昏睡状態に陥り死亡することもあります。
ビタミンB2の不足は、肌の炎症、口内炎、舌のただれ、結膜炎、目の充血などが起こります。
ビタミンB6の不足は、貧血や足の麻痺・痙攣、視覚障害、排尿の増加などがあります。

また、肉食の猫に魚ばかり与えると、ビタミンEが不足し、体調不良や神経系の器官の働きが鈍ると言われています。
ドライフードにしてもウェットフードにしても栄養バランスに配慮した総合栄養食ではビタミンが不足することはありませんが、最近は、猫の健康のために自然な食材を使った手作りのキャットフードを作る方が増えています。
しかし、自然な食材だけでは不足する栄養素があるものです。
前出の魚メインの食事であれば、ビタミンEが不足します。
室内飼いの猫の場合は、ビタミンDが不足します。
栄養素にも十分配慮し、サプリで補ったり、時には総合栄養食を与えたりと柔軟に対応する方が、猫の健康のためにもなります。