キャットフードの栄養素-ミネラル

ミネラルは五大栄養素の一つで、微量ですが生命活動に重要な栄養素です。
体を構成する元素のうち、酸素・窒素・炭素・水素を除いたすべてのものを総称してミネラルといいます。
タンパク質や脂質、炭水化物などの栄養素と結びつき、体を構成し、バランスを調整、機能を保つために欠かせない栄養素です。

ミネラルには、主要必須ミネラルと微量必須ミネラルがあります。
主要必須ミネラルにはカルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、塩素、マグネシウムがあり、微量必須ミネラルには鉄、銅、マンガン、亜鉛、要素、セレンなどがあります。
微量必須ミネラルは必要量が少ないというだけで、欠かすことのできないもので、主要必須ミネラル同様、健康のために重要な役割を果たしています。

カルシウムとリンは骨や歯の発育に不可欠です。
結合してリン酸カルシウムとなるため、いずれかが不足してもいけません。
マグネシウムもカルシウムと結びつき骨や歯を作ります。
また、マグネシウムが不足すると、筋肉の発達が十分にできない、痙攣を起こすなどがあります。
ただし、過剰に摂取すると、下部尿路疾患の原因となり、尿路結石などを引き起こします。
ミネラルが体内で正常に機能するためには、ほかのミネラルとのバランスが重要です。
一部のミネラルを過剰に摂ったりすると、他のミネラルと結合した時に、そのミネラルの吸収を妨げ、吸収されなかったミネラルが不足することになります。
摂取バランスの悪さが健康上にも大きな悪影響をもたらします。
尿路結石などはその最たるものです。

栄養素としては目立たない存在のミネラルですが、身体の基本となる骨を作り、成長期の身体の発達を促進し、基礎代謝を向上させ、運動量を支える重要な成分です。
総合栄養食のキャットフードはミネラルを含め全ての栄養素をバランス良く配合し、過不足がないように調整されています。
また、年齢に応じた調整もされており、年齢にあったフードを選ぶだけで健康が維持できるように最適な配合がされています。
それぞれの猫に合ったフードを選んであげましょう。