キャットフードの栄養素-脂質

キャットフードに含まれる脂質は、嗜好性を高め口当たりを良くすると同時に、猫にとっては重要なエネルギー源で、脳や筋肉の活動に使われ、余った分は体に蓄積され、必要に応じて使われます。
内臓の保護や体温の維持、必須脂肪酸を供給したり、脂溶性ビタミンの吸収を促進したりという働きもあります。
細胞膜や血液を構成する成分でもあります。
猫の皮膚や体毛が健康で艶やかなのも脂質の機能によるものです。

脂質の多くは脂肪酸が組み合わさってできていますが、体内では生成できないので食事から摂りいれる必要のある脂肪酸があります。
必須脂肪酸と呼ばれ、リノール酸、αーリノレン酸、アラキドン酸などがあります。
リノール酸は、植物油に多く含まれ皮膚からの水分の蒸発を抑え、皮膚のバリア機能に不可欠なオメガ6を代表する脂肪酸です。
αーリノレン酸はオメガ3脂肪酸のDHAやEPAを生産する原料になります。
アラキドン酸は肉やレバー、魚などの動物性脂肪に多く含まれ、繁殖機能や毛艶に大きく影響します。

余った脂質を体に蓄積するというと、すぐに肥満と思ってしまいますが、脂肪細胞だけではなく、筋肉細胞にも蓄積されます。
エネルギーが不足すると、その分が燃焼されるようになります。
充分な余剰分がないと、毛艶が悪くなり、毛も薄くなってしまいます。
エネルギーも不足するということになりますので、けがの回復の遅れや体調不良の原因ともなります。

最近はキャットフードも栄養面に優れ、総合栄養食を与えておけば充分な栄養が摂れるようになっています。
しかし、完全室内外も多くなり、消費エネルギーの少ない猫も多くなっています。
そのため、脂質も過剰摂取となり、肥満の猫が増えています。
肥満は様々な病気の原因ともなりますので、低カロリーのキャットフードを利用したり、少し運動ができる工夫も必要です。
不足しても皮膚や毛艶が悪くなり、免疫力低下などがありますので、充分配慮してあげましょう。