キャットフードの添加物-エトキシキン

エトキシキンは、強い抗酸化力を持った合成抗酸化剤です。
元々は、農薬の酸化防止剤やゴムの固定剤として使用されていたもので、防腐力の高さと低価格なため、海外では飼料の添加物として広く利用されています。
しかし、日本では食品添加物としても農薬としても認可されていません。
毒性が強いことから人間用の食品に使用することも禁止されています。
しかし、家畜や一部の魚の飼料への添加は認められています。
ただし、その飼料を食べた家畜や魚の体内の残留濃度は規制されており、人間の食材としての許容量は1ppmとなっています。
それに対して、ドッグフードは75ppm、キャットフードは150ppmと非常に高くなっています。
吸収力の差といわれていますが、皮膚病や臓器障害、異常行動、がんの発症が疑われ、FDA獣医医療センターがエトキシキンの主要製造メーカーモンサント社に抗酸化試験を依頼したと言われています。
日本では認められていなくても、乾燥した魚粉などを船舶輸送する場合、自然発火しないように魚粉に使用することが国際規則で定められています。
また、2002年には、大手メーカーが海外から輸入した健康食品の原料にもエトキシキンが使用されていたため、商品を回収する事例も発生しています。

キャットフードの添加物としてのエトキシキンの表示義務はありません。
たとえ、キャットフードの中に含まれていたとしても、メーカーが製造の段階で添加したものでなければ表示する必要はありません。
ですから、基準を超えるものではないとしても、輸入されたキャットフードやキャットフードの原料に含まれている可能性は非常に高いものです。
日本食品化学研究振興財団の残留農薬基準値のリストを見ると、食肉や魚介類があげられています。
結局、輸入飼料を使いますから、人にも犬猫にも大なり小なり影響はあるということです。
基準内であれば、添加物として有用なものであっても、気持ちのいいものではありません。
キャットフードを購入する際には、「エトキシキンは使用していません」と書かれたものや大量に使用されている可能性のある4Dミートを使用していないものなどを基準に選ぶこともいいでしょう。
「4Ⅾ」など、キャットフードに含まれている危険な材料についてこちらで詳しく解説がされていますのでご覧ください。
参考URL
http://www.psfn.org/kikenn.html