キャットフードの添加物-ブチルヒドロキシアニソール

ブチルヒドロキシアニソールは、その頭文字を取ってBHAと呼ばれていますが、脂溶性の有機化合物の酸化防止剤です。
食品添加物としてや化粧品にも使われています。
魚介冷凍食品やクジラ冷凍品の浸漬液や油脂、バター、魚介乾製品、魚介塩蔵品、乾燥裏ごし芋など多くの用途に使用されています。

1982年に発がん性があるということで禁止されるはずでしたが、世界中で使用されているため、欧米諸国から反対と再検査の要請の声が上がりました。
再検査の結果は通常の使用には問題はないため、使用継続となりました。
大学での研究では通常では考えられない数万倍の量をラットに与えた結果であり、通常の使用では乳がんや肝臓がんの抑制効果も検証されています。
一つまみの塩は食べ物のうまみを引き出しますが、300gを一気に飲めば死にます。
刺身に醤油を少々つければ旨味は増しますが、1.5Lのペットボトル1本飲めば死んでしまいます。
通常考えられない量での実験は意味を成しません。
毒も薬になるように、どのようなものでも安全な量と危険な量があります。
安全な量を守れば、危険はないということです。
どんなにいいキャットフードにも酸化防止剤は使われています。
時間の経過とともにフードは酸化し、有害なものへと変化していきます。
そんな劣化したフードを与えれば、猫にとっては美味しいはずもなく、身体にもよくありません。
ブチルヒドロキシアニソールも毒性はあっても、微量であれば健康上も問題がないから人間が口にする食品にも多く使われています。
ですから、キャットフードの品質を長く維持できるようにキャットフードに使用されているのです。

また、食品添加物の使用については、一日の摂取許容量も法律で決められており、どこのメーカーでも使用量は基準以内、多くが基準の数分の一程度しか使用していません。
基準以内でも、できるだけ少ない量で品質を維持しようと努力しています。
有名なメーカーでも長年使用していますが、この添加物が原因でガンなどの健康被害があったということはありません。
それでも心配な方は、無添加のキャットフードを選ばれるといいでしょう。